2016年3月15日火曜日

仙台ハイランド

2010年にハイランド軽耐久にvivioで参戦した時の画動です。



今はサーキットではなくなり、発電所になったと耳にします。
また、モータースポーツブームが来るような気がするこの頃にハイランドが無いのが
残念な気がしますね。


















2015年9月21日月曜日

スーパーストリート計画  ⓸

ついに出来ました!!!!!

昨日納車できました!!何日かかつてるねん、は置いときました。



じゃ~ん!!!


























サーキット用のアルミホイールが付くとまたカッコイイこと(笑)













ポルシェ 997カレラ4S



「ついに、買っちゃいました!!!!」なんて言ってみたいものですゎ(爆笑)
写真のカレラ4Sなんとこの工場に似合わない事(笑)
で、なんで、ここにあるかと申しますと、なんか、壊れてるらしいですよ、(汗)
ポルシェですよ!ポルシェ!世界のポルシェがなんて、なんて言って
半信半疑、話を聞いてました。
「音が出て、ダメなんですよ」と言われても、正常の音も知らないのになにが悪いか
分かりませんゎなんて、ごまかしてましたが、ネットで調べると、結構トラブルあるようで、
ほんまかなぁ~といろいろ見てたんですよ、(泣)
アイドリングでコトコトコトと何か打音のような音がするのですが、これ、正常でもするの
違いますの?て感じの音でタペット音?リフターの不良かなんかと代えてみたりしましたが、
治らず、困り果て、。。。。
ネットでの情報だとクランクだの、エキセレントシャフトだの、いろんな情報があるは、あるは、
走行8万キロなんですが、そんな事あるのて感じで、色々見てましたが、
オーナー様、なんか困り果てまして、2万キロの中古のエンジン買ってこれと交換しますて
分けで乗せ換えたのですが、それが、また、同じ音がしてました、打音の音は小さいのですが、
音質的には同じで、本間に異常なんかと、2万キロですよ!!
「いや、正常なエンジンはしないんですよ」と言われ、
まぁ、気長に見てよと言う言葉に甘えしばらくこの車と付き合ってたんですよ(笑)
調奔器で聞いてもヘットあたりが怪しい感じなんですが、分からず、ある時、先輩が
会社の機械で音みるか?なんて言ってくれまして、その機械持参で来店してくれました。
調奔器は超奔器なんですが、電気を使いより振動や音を鮮明にして、音源を探る機械で、
それで調べると、驚き、「ヘット回りは全然音がしてないよと、はじまり、いや、エンジン下で聞いてると
まさにヘットからに聞こえるのですが、違うとの事で、
では、何処やて感じで見て行くと、シリンダーに行きつきましたは、シリンダーで音がするてって、
なんじゃ?????
ピストンの首ふり?まさか?そんな状態じゃエンジン不調ですぐ分かるのではなんて言いながら
しかし、シリンダーに間違いないな!て見解で悩んだ末、とうとうエンジン開ける事になりました。



で      これ↓


そう、まさしくピストンも摩耗でピストンの打音が出てるのですは!!!(大汗)
6番と4番が!!


5番のピストンはこれ、同じエンジンかんですがね~

あ!6番、とか5番とか説明不足です、ポルシェに乗っかってますエンジン水平対向6気筒が搭載されてます、右側3気筒左3気筒の水平な型で、日本のスバルのエンジンと同じ感じですかね~その左側バンクを
後ろから1番、2番、3番で右側バンクを後ろから4番5番6番となってますは、取説に(笑)
ようは今回右バンクから音がしてまして、それの真ん中以外はピストン摩耗でコトコトおとがしてたのが、原因で、確かに壊れています。びっくり!!!でもよく動いてるなぁ~と感心する所がポルシェて感じですかね(笑)



そんなんでピストン交換作業をして無事納車となりました。
その作業工程もなかなか、ポルシェらしく、え!!!なんか考えさせられ、あ~なるほど!!
と納得させられ、いい勉強になりました。



作業中の写真が無く、わかりにくいのですが、検索でポルシェ997 異音なんかで見ると
いろんな人がいろんな事かいてますので、気になる方はそちらを・・・・・

でも、カッコイイエンジンでした。








PS


この作業みてたお客様や、営業さんが、
あれ?
ホンダしか出来ないのかと思ってたと!!


「一様なんでもやるんですがね~」

と返答する自分が回りのイメージがシビックしか
できないんかと思われてるのに気がつきましたゎ(爆笑)







スーパーストリート計画③

この、夏は、本当に暑かったですね〜
やっと、涼しくなったかと思ったら、雨続きで、今月10日には、鬼怒川が欠壊、大変な災害になり、まだ、被災で苦労なさってる方が多くて、早く平常に戻る事だけをただ願うだけです。

自分ができると事はなにもないのですが、作業中の写真を撮った物でも更新して暗さをまぎらわしますゎ(≧∇≦)







2015年8月24日月曜日

ウエストヒル スポーツラジエーター アルト HA23V HA23S 用

上記車両は当社スポーツラジエーター装着のアルトHA23Vです。

2011年頃から軽自動車の耐久レースやスプリントレースでベース車両に
新規格サイズの車両が使われるのがよく見かけるようになりました。

当社が選択したのは、その中で「スズキ アルトバン HA23V!!」

アルトといえばアルトワークスがスポーツカーの代表ですが、レースレギュレーションが
NA車両に限るが多く、エアコンやパワーステアリングの取り外しの禁止が多いです。
参加車両の殆どがダイハツ ミラバンかエッセ と スズキアルトバンが
多く見かけられます。

その、アルトHA23Vのスポーツラジエーターを販売するにあたり、更新してる次第です(笑)
装着状態の写真

取りつけ状態は当社が得意とする。標準と同じで冷却コアの改造です。
標準のアルミ16mmコアをアルミ27mmコアに交換した物ですが、27mmがあえて
強調します!!27mmコアです。

右が標準コアで左が27mmコア


バンパー側

エンジン側


交換作業は、ラジエーター交換のメーカーが発行するマニュアルを参考でできます、
車体への加工は一切無いですが、コアが厚くなった分でファンシュラウドの取り付けで
3mmから4mmほどワッシャを入れ浮かす必要があります。↓



冷却能力及び耐久性

これは実際使用状況で変わりますので、うちのが、最高に冷えますなどとは言えないですね(爆笑)ただ、製品が出来、それを値段を付けて売ってる訳では無く、実践で使い判断した物を
販売しております。
耐久レースでの使用状況を取り入れてます。

実践例でツインサーキットで行われています、軽耐久レースにて 2014年NCクラスのシリーズチャンピオンを獲得しております。


NCクラス  №222  萩原組






取り付け方の説明が不十分ですが、
ラジエーターの紹介とゆう訳で、
ご検討して頂けれ幸いです。

どうか、宜しくお願い致します。
m(_ _)m










2015年7月17日金曜日

スーパーストリートスポーツ 計画 ②

シビックEK9タイプR  スーパーストリート計画

屋根に少々の凹みがあり、板金屋さんにお願いしてました、EK9ちゃん
綺麗になって戻ってきました。





さあ!これより、この工場で出来る作業のです。
先ずはエンジンとミッションを摘出しますか!!



エンジンマウントは案の定切れてますゎ(笑)



全部で5ヶ所のマウントで止めてます、左のメンバー上で止めてるマウントは
エンジンが降りてる状態での交換は安易ですが、エンジンが乗っかった状態ですと
交換は難しいですわ(汗)10万キロ以上走行の車両はほぼきれてました。

レースカーでは無限エンジンマウントに交換しますが、振動の伝わりが凄く室内うるさくなりますので
この車は純正品で交換します。(タイプRは標準でのスタンダードモデルよりゴムの硬度は高いです。)



実はこの車両26万キロ走行してます





エンジンもミッションもオーバーホール前提で選択したのですが、個人的に26万キロも
走行してる物はどのようになってるか興味あります(笑)
今のところは、過度に痛んでるところは見当たりませんゎ




では、ミッション開けてみますか!!




お~!!以外と綺麗~~




ノーマルヘリカルデフから機械式LSDに交換します。






と作業は少しずつ進めていきます。



つづく












2015年7月10日金曜日

ウエストヒルモータースポーツ スーパーストリートスポーツ 計画

久々の更新です(汗)

ホームページもこのブログのページも放置状態でなかなか更新ネタがなく、それでも、観覧数は
少ないなりもありご訪問頂いて本当にありがたい事です。(汗)

今回、久々の更新なんですが、ちょと面白い企画をお客様より立ち上げて頂き、過程をアップしてみようとブログを書いてる訳です。

企画内容 その名も!!!!

「スーパー ストリート スポーツ」!!!!



なにがスーパー?なにがストリート?なにがスポーツ?????(笑)
まあ、いちよう車屋なんで車ネタなんですが、

工場業務内容は自動車レースをするレーシングカーのメンテナンスがメインでしてるのですが、それもシビック!!

メインですよメイン!!
たまにモップアップさんの仕事とかトラックの運転手とかやります。
(いや、本当は結構助かってます、S社長、N社長、K社長、ありがとう御座います。) (爆笑)

そのレーシングカーシビックをストリートで乗りたいと、相談され、・・・・・・・・
それは無理ですよと、「レーシングカーは車ではないですよ、道具のみたいなもんで、
自動車は自動車でも移動の手段に使うには厳しいのではないですかね~」と半場諦めてもらう
流れで話が進んでました。
そんな話の中でポロとお客様

「息子とサーキット走行したいんですがね~」


ん? ん?

「息子とサーキット遊びしたいんですがね~」


それ!!先に言って下さいよ(笑)
それじゃレーシングカーの仕様なんじゃなくても・・・・・
サーキット走行する手伝いならよろこんで手伝いますよ・・・・・
それもお子様と一緒に走りたいと切な願いならうちも聞かずにはいかないじゃないですか!(笑)
と企画がスタートした訳で、乗るならシビック
でそれもカッコイイ シビックのレースカーとの野望だったようで、
あそこまで、露骨にレーシーにしなくてもいいのではないですか?
と内容をすすめ、そんでもって

スーパーストリートスポーツ計画がスタートしました。

それで選択した車両が↓













やっぱ シビックか(笑)それもEK9
そうですよね~シビック以外の車両でしたら、ウチには来ないですか(爆笑)
それで、今日はまず

計画①

車検を取得してきた訳で、これからどの様に変わって行くか
ちょと、ブログにでも上げようと思った訳です。(笑)





ベースは過走行のEK9シビックですが、まあ欠品部品も無いノーマルと言うことで選択
もちろん、マニュアルの5速、
赤いレカロシートが標準で、流石 タイプRて感じです。

タイプRですよ

TYPE R!!!!!

カッコイイわ~(笑)






タペットカバーも赤!!

ちょと剥げてますが、元は赤一色のタペットカバーです。
それも、タイプRの証!!

ラジエーターは痛みが激しかったので既にウエストヒルスポーツラジエーターの交換しました。
少々の板金修理のため今日は板金屋さんの預けてきました。




今後、エンジン、ミツション、サスペンションと作業に入ります、その都度
アップしますので気長にお待ち下さい(笑)